| ホーム |



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パチンコ店の営業スタイル

『投資パチンコ2010』ver2.0
低投資パチンコ攻略法


よくパチンコに行かれる人でしたらご存知だと思いますが、パチンコ店はそれぞれの店によって、営業スタイルは違います。
営業時間・大当たり・換金率・定休日、それ以外にもお店ごとに違いがあります。
そこで今回は、パチンコ店の営業スタイルについてまとめてみました。


パチンコホールの営業スタイルは、店によってバラバラです。
営業時間も大当たりについても換金率についても、それぞれ店ごとに決まっています。
ちなみに定休日は、ライバル店と重ならないように設定しているところが多いようです。
営業時間はAM9:00~PM23:00という時間帯の中で、お店を開けています。

例えば、神奈川と東京では開店時間の平均が異なります。
また、地域によっては年末年始に二十四時間営業を取り入れたりしている店もあります。
本当に店によって様々です。

大当たりについては、三つのスタイルがあります。
「一回交換」「ラッキーナンバー制」「無制限」という三つです。
それぞれについて少し説明をしましょう。

【一回交換】
一回大当たりが終了したら、必ず換金しなければならない。

【ラッキーナンバー制】
特定のもの以外で大当たりをすると、換金しなければならない。

【無制限】
これは、現在ほとんどのホールで取り入れている営業スタイルです。
どの絵柄で大当たりしても大丈夫。
つまり、そのまま出玉で打ち続けることができるというもの。

それから、パチンコ店は、換金率にも違いがあります。
換金率が高ければ、1玉が4円。
低ければ、1玉が2~3円。
これは、等価交換をしているお店と低価交換のお店に分かれます。

換金率が低いお店は大当たりが多いです。
でも、換金率が高いお店は大当たりが出にくいでしょう。
まあ、お店を経営していくためには当然のことですよね。

スポンサーサイト
『投資パチンコ2010』ver2.0
低投資パチンコ攻略法


■究極のパチスロ高設定
引き寄せの法則■



『投資パチンコ2010』ver2.0低投資パチンコ攻略法

■究極のパチスロ高設定引き寄せの法則■

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。