パチンコチェーン| ホーム |



パチンコ雑誌を使って情報収集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パチンコ台の種類

『投資パチンコ2010』ver2.0
低投資パチンコ攻略法


パチンコ台の種類は、大きく分けて4つあります。

パチンコをしたことのない人がイメージするパチンコ台とは、「デジパチ」でしょう。
「デジパチ(セブン機・フィーバー台)」は、「777」と7を3つ並べるなど、盤の中央にある絵柄が揃うとアタッカーが開く、というシンプルなゲームです。
大当たりになれば、1600~1800くらいの出玉があります。
初心者でも親しみやすく、一番の定番なパチンコ台ですね。

「ハネモノ(ヒコーキ・ヒラ台)」は、その様相からこの名が付いています。
盤の真ん中ある役モノ入り口に「ハネ」が付いているのです。
ハネが開いた時にうまく玉がハネの中に入ると、役モノの中へ。
「Ⅴ」に入れて大当たりになると平均400~500程の出玉があります。
こちらも人気がある台です。

事前の知識が欠かせない台は「権利物」と呼ばれるパチンコ台です。
ジャンルが幅広く、機種によって打ち方が違うため、台に対する知識が欠かせません。
「Ⅴ」に入賞すれば大当たりだということは共通しています。
しかし、その打ち方がわからない方がチャレンジするには難しい台です。
中級者~上級者向けに位置づけされています。

「その他」に当たるのが4つ目の台。
チューリップ台・ヒラ台・普通機などの一般台や、一般電役などを指しています。
大当たりというものはないのですが、出玉は最高で1800前後まで出ます。

下部に1~16までの数字があるアレパチと呼ばれる台もあります。
しかし、これはパチンコと呼ばないという意見もあります。
こちらも初心者には難しく、中級者~上級者向けと言えるでしょう。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する
『投資パチンコ2010』ver2.0
低投資パチンコ攻略法


■究極のパチスロ高設定
引き寄せの法則■



『投資パチンコ2010』ver2.0低投資パチンコ攻略法

■究極のパチスロ高設定引き寄せの法則■

パチンコチェーン| ホーム | パチンコ雑誌を使って情報収集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。