パチンコメーカー| ホーム |



パチンコ台の種類

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パチンコチェーン

『投資パチンコ2010』ver2.0
低投資パチンコ攻略法


最近は、どこに行ってもパチンコチェーン店を見かけるようになりました。
例えば、周りの雰囲気に似つかわしくないおしゃれな建物。
何のお店かと思ったら、パチンコチェーン店。
そんな経験はありませんか?


田舎道を走っていたら、急に洒落た建物が現れることってありますよね。
「あれは何の建物だろう」と思っていたら、パチンコ店だったということってよくありませんか。
最近は、どの町へ行ってもパチンコチェーン店を見つけることができます。

パチンコ業界の中でも大手チェーンのダイナムは、「気軽で楽しいコンビニパチンコ」を謳っていて、まさにその言葉の通り、コンビニに近い感覚でお店が存在しています。
また、マルハンも2009年時点で247店舗(年内に4店舗新規出店予定)出店しています。

パチンコ業界には不景気があまり関係なさそうに見えますが、2006年には倒産が相次ぎ、2007年には再編もありました。
2007年には、大手パチンコチェーンのダイエーが民事再生法の適用を申請し、パチンコ業界に動揺が走ったのです。
その一番の原因は、パチンコ人口の減少でしょう。

1995年からの10年間で約1200万人の減少が報告されています(レジャー白書より)。
依存性やギャンブル性は以前から指摘されていました。
しかも、呼びかけなどでそこへの意識が高まったこともあり、現在は過去最低水準です。
また、レジャー感覚で常に新しいものを求める風潮が強い中、パチンコ台の入れ替えに伴う資金も負担になっているようです。

パチンコチェーンの多くは、「パチンコチェーン協会」に加盟しています。
この協会は一般社団法人です。
パチンコを他のビジネスと同じように考えて、協力しながら社会貢献を目指していこうという任意加盟の団体になります。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する
『投資パチンコ2010』ver2.0
低投資パチンコ攻略法


■究極のパチスロ高設定
引き寄せの法則■



『投資パチンコ2010』ver2.0低投資パチンコ攻略法

■究極のパチスロ高設定引き寄せの法則■

パチンコメーカー| ホーム | パチンコ台の種類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。